ご支援のお願い採用情報Admissions

IB World School 国際バカロレア認定校

小村 俊平

広島県と県内13校が参画したOECD日本イノベーションスクール第1期において、広島の高校生は、海外の生徒との交流を通じて平和教育や少子高齢化等への問題意識を深め、自ら地域活性化イベントを開催したり、フリーペーパーを発行しました。さらに、2年あまりにわたる自分たちの学びを振り返って論文に執筆したり、次のプロジェクトへの提言書をまとめる生徒もいました。
一方、林校長を始めとする広島の先生方は、国内外の企業やNPOとの協働に大きな刺激を受け、従来の学校の枠組みを超えようとする生徒の取り組み支え、新しい教育のビジョンを深めていきました。
この生徒と先生が共に成長するプロセス(Co-Learning)、生徒と先生が積極的に社会と関わりながら発揮していく主体性(Co-Agency)が、広島叡智学園の核となる考え方だと理解しています。広島叡智学園から日本全国、そして海外からも注目を集める新たなLearning Communityが生まれることを期待します。