ご支援のお願い採用情報

設計者の想い

校舎建設

瀬戸内の豊かな自然の中で暮らし、学ぶ学校は、敷地全体が多様なアクティビティ(活動)に満ちた場であることが大切だと考えました。例えば、木造の校舎は軒の深い縁側を設けて、内外が連続した活動領域となるようにしています。寮の個室は、部屋ごとに異なる風景が楽しめるように配置しています。また、一人から大人数まで、教室という枠組みを超えた活動ができる多彩な空間を設えました。いつも新しい発見と創造に満ちた学校になることを楽しみにしています。

C+A・土井建築設計共同体

2つの事務所共同で設計に取り組みました。CAn(C+A nagoya)、宇野享/CAn:学校建築を中心に国内外で高い評価を受けている事務所。主な受賞に日本建築学会作品選奨(幕張インターナショナルスクール)ほか多数。土井一秀建築設計事務所:広島を拠点として住宅から公共建築まで様々な実績のある事務所。主な受賞にGOOD DESIGN AWARD(STONE TERRACE)ほか多数。

校内のICT環境

昨今の国内外のあらゆる事象や物事の変革スピード、テクノロジーと共生することが当たり前となる未来の到来を踏まえて、日本の従来の教育ICTの固定概念や先例に捉われず、柔軟で可変なICT環境となるよう設計しました。今後はアイデンティティとビジョン、そこで学び暮らす生徒たちと先生方のアイディアとイノベーションを吸収しつつ年を追うごとに身近で使いやすいツールに成長していくものと考えています。

みらい株式会社

広島に本社を構えるコンサルティング・ファーム&シンクタンクです。「未来をつくる仕事をしよう」をスローガンに各人がそれぞれの専門性を活かして、日本再生、地方創生及びASEAN共生に取り組んでいます。教育及び人材育成は持続可能な日本及び地方をつくる主要テーマのひとつとして積極的に取り組んでいます。