広島県⽴広島叡智学園中学校・⾼等学校ご支援のお願い採用情報

国際バカロレアについて

国際バカロレアとは

国際バカロレアとは、国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が提供する国際的な教育プログラムのことです。
国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は、1968年、チャレンジに満ちた総合的な教育プログラムとして、世界の複雑さを理解して、そのことに対処できる生徒を育成し、生徒に対し、未来へ責任ある行動をとるための態度とスキルを身に付けさせるとともに、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的として設置されました。
現在、認定校に対する共通カリキュラムの作成や、世界共通の国際バカロレア試験、国際バカロレア資格の授与等を実施しています。
(文部科学省IB教育推進コンソーシアム「IBとは」より)

国際バカロレアについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

IB World School(国際バカロレア認定校)とは

IB World School(国際バカロレア認定校)とは、国際バカロレア機構から、国際バカロレアを実施する環境・体制等が整っていると認定された学校のことです。
本校は、2020年10月に国際バカロレア・中等教育プログラム(IB・MYP)の認定校となり、世界のIB World Schoolに仲間入りしました。
これは、西日本の公立学校で初めて、全国では2番目の認定です。
国際バカロレア機構のホームページ上の本校紹介ページはこちらをご覧ください。

中等教育プログラム(MYP)とは

中等教育プログラム(MYP:Middle Years Programme)は、11歳~16歳までを対象としており、青少年に、これまでの学習と社会のつながりを学ばせるプログラムです。
本校では、中学校第1学年から高校第1学年冬までの期間に、本プログラムに取り組みます。
中等教育プログラムでは、8教科(言語と文学,言語の習得,個人と社会,理科,数学,芸術,保健体育,デザイン)を学習します。
8教科は従来の教科を越えた「相互作用のエリア(AOI:Areas Of Interaction)」である5分野(学習の方法(Approaches To Learning),コミュニティーと奉仕活動,人間の創造性,多様な環境,保健教育と社会性の教育)と関連しており、人間の共通性に焦点を当てています。
この「相互作用のエリア」は、全教科に共通して適用され、生徒が、各教科を他の教科や実社会とは関連性のないものとして孤立的に捉えるのではなく、教科内容と実社会との関連性に対して認識を高められるよう働きかけることを目的としています。
これらを通じて、MYPでは、知識を統合された総体的なものとして示し、生徒がより広く、より複雑なグローバルな課題に対する認識を高めることが期待されています。
(文部科学省IB教育推進コンソーシアム「MYP(ミドル・イヤーズ・プログラム)」より)

国際バカロレアの授業の様子

本校では、国際バカロレアの枠組みを最大限に活用した授業を各教科で行っています。
ここでは、個人と社会(社会科)の中学第1学年の授業の1コマを、次の動画で御紹介します。

Translate: English (英語)