ご支援のお願い採用情報

未来創造科の授業レポート

こんにちは!中学2年の未来創造科係です!昨年度の11月から,未来創造科の授業において,広島大学の方々と共に「Global Justice」というテーマのもと「平和な状態って何だろう?」と多角的な視点から考えていくプロジェクトを行なっています。7月11日は,権威主義的パーソナリティー」と「盲従」について考えを深めました。権威主義的パーソナリティーというと難しい感じがしますが,私たちがよく体験している「権力を持った人を無批判に受け入れ,少数派を排除しようとする」という社会的性格を指します。私たちは,無意識のうちにこのような性格を持っていて,それによって起きた悲惨な事件もあります。私は,権威主義的パーソナリティーがもつ性質を無くすということは難しいと思いました。なぜなら,人間が誰しも持っているものだからです。しかし,この特徴を容認したり,忘れてしまうと今までにもあったように悲惨な事件につながることもあったり,平和には繋がりません。この性質があるということをしっかり理解(メタ認知)して,事の良し悪しを自分で判断するという意識を持ち続けることが大切だと感じました。

Comments are closed.