ご支援のお願い採用情報

校長挨拶

現在,私たちは,グローバル化の進展などにより急速に変化する社会の中で生活しており,既存の知識や技術を用いて解決することが困難な様々な課題に直面しています。このような社会をたくましく生き抜き,よりよい社会を創造していくには,生涯にわたって主体的に学び続け,多様な人々と協働して,新たな価値を創造できる資質・能力が求められます。

このような時代の要請の中,平成31年4月,広島叡智学園は,「社会の持続的な平和と発展に向け,世界中のどこにおいても地域や世界の『よりよい未来を創造できるリーダーを育成する』というビジョンを掲げ,ここ大崎上島に広島県立の中高一貫教育校として誕生しました。

昨年,広島県内外から集った第一期生たちは,寮生活を送りながら,外国人講師と日本人教師が協働して行う指導の下,実社会の課題解決に挑戦する国際協働型プロジェクト学習など,特色ある学習活動に積極的に取り組んできました。そして,開校2年目を迎えた今年も,生徒の個性を最大限に生かす学習環境を提供し,ワクワクする気持ちを大切にしながら,6年間を通して学ぶ「ここ」でしかできない学びを展開していきます。

また,本学園の最も大きな特色は,ジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラムである国際バカロレア(IB)※の中の「中等教育プログラム(MYP)」・「ディプロマ・プログラム(DP)」の候補校である点です。このプログラムを修了して得た資格は,世界の多くの大学入試資格として幅広く受け入れられています。

近い将来,生徒たちが恵まれた自然と学習環境の中で「未来に向かう学び」を実現し,「世界へと続く扉」を自らの手で開いて,ここ大崎上島から世界へ,グローバルリーダーとして巣立っていくことを心から願っています。

※IBの「初等教育プログラム」(PYP),「中等教育プログラム」(MYP),「ディプロマ・プログラム」(DP)の3つのプログラムおよび「キャリア関連プログラム」(CP)を実施することができるのは,国際バカロレア機構に認定された学校のみです。候補校であることは,IBワールドスクールとして認定されることを保証するものではありません。国際バカロレア機構およびIBのプログラムの詳細については,ウエブサイトhttp://www.ibo.orgをご覧ください。

広島叡智学園中学校・高等学校

校長 福嶋 一彦

Comments are closed.