CLOSE
JP EN
将来、多様なフィールドで活躍するために必要な力を身に付けるため、実社会の課題解決に挑戦する様々な「プロジェクト」に取り組みます。「正解」か「不正解」かしかないテストではなく、「成功」も「失敗」もあるプロジェクトへ。大切なのは、たくさんの失敗を、成長する機会にすることです。世界中から集まった仲間とともに、学び続ける場が、ここにはあります。

Features of our learning

生徒の個性を生かす教育

Each and every pupil plays a leading role

一人一人の生徒が主役
ここでは、「教師が教育を提供する側、生徒は教育を受ける側」ではありません。「教師も生徒も、一緒に教育を創る側」。生徒一人一人の「こんな学校にしたい」「こんな授業にしたい」という想いが、この学校を創ります。

Failure can be the best form of learning

失敗こそ最高の学び
「正解」か「不正解」かしかない「テスト」ではなく、「成功」も「失敗」もある「プロジェクト」へ。「不正解」は人が決めます。しかし、「失敗」は自分自身が決めるもの。大切な「成長のきっかけ」である「失敗」を、子供たちから取り上げる「過保護な教育」は、この学校では行いません。

Learning from three perspectives

3つの観点からの学び
全ての学習活動において、「COMPETENCY BASED=社会で活躍できる力を育成できる学び」「INQUIRY BASED=生徒の『?』から始まる学び」「PROJECT BASED=実社会とのつながりを大切にした学び」の3つの観点を大切にした学びを行います。

Society as a whole is our 'school'

社会全体が私たちの学び舎
私たちの学びの場は、学校内だけではありません。「社会全体が私たちの学び舎」を合い言葉に、積極的に学校の外に飛び出し、様々な場所で学びを深めます。また、戦後復興等の歴史や世界遺産など、広島ならではの学習活動を行います。

Learning environment that facilitates diverse study types

多様な学習を可能にする学習環境
普通、「教室」は、四方が囲まれた閉鎖的なもの。でも、この学校の教室は、家でいう「リビング」です。オープンな環境の中で、リラックスして学ぶことができます。1人1台の PC、プロジェクター、ホワイトボード、模造紙など、生徒たちの Collaboration、Innovation、Creation を支える環境が整っています。

Specialist subjects

広島叡智学園ならではの学び

未来創造科

戦争、貧困、環境、エネルギー、食糧、少子高齢化、地域の衰退…。世の中には、たくさんの課題があります。これらの課題について、「自分たちで課題を設定し、国籍や文化の違いを越えた仲間たちと力を合わせて、課題の解決にチャレンジする」。そして、「テレビや新聞に載っている課題」から、「自分たちの課題」に変える。これが、本校の教育活動の核となる「未来創造科」(Global-Project Based Learning)です。

アカデミックな英語力の育成

高校からは様々な国・地域出身の外国人留学生と学び、暮らす、小さな国際社会の中にいるような生活が始まります。放課後活動や寮での生活でも、英語が飛び交います。これにより、海外大学等に進学した場合でも通用する、アカデミックな英語力を育成します。

School overview

学校概要・アクセス・行事予定などはこちら

Contact

学校に関するご質問や資料請求など、
お気軽にお問い合わせください。

Join our team

採用情報はこちら